どうしても肩こりが蓄積されて気付いたときには

肩こりのOL
「今日はどうなされましたか?」と初めてマッサージをしに行ったときに訊かれますよね。「なんだか肩こりが激しくて」とすぐに即答すると、「わかりました。では上半身中心で見ていきますね」と言われたのが最初の会話でした。

日々デスクワークや同じ姿勢を続けていると、どうしても肩こりが蓄積されて気付いたときにはもう我慢の限界を超えているような状態だった私です。マッサージ師さんは丁寧に色々と質問を投げかけながら、徐々に私の首から肩、そして腰辺りまでの様子を見てくれました。このように質問を投げかけながらアドバイスをいただきつつ、マッサージを受けると安心します。

そして本格的な肩こり解消のマッサージが始まりました。最初は強さがどれくらいが適当なのかもわからず、とにかく人から揉んでもらうのがこれほど気持ちのよいものかと魅了されてしまったことを覚えています。しかし、それと同時に、痛いところを押されたときは、翌日にもみ返しが起こらないだろうかという不安もかなりもっていました。なんといっても肩こりのマッサージを初めて体験したときでしたから、こう考えるのも普通ではないでしょうか。

最初は怖かったので30分のショートコースで肩こりのマッサージをしていただきましたが、お陰でマッサージ後は気分はスッキリ、爽快な気分になりましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です