ヨーグルトを食べて免疫力を高める

yogurt

冬には、風邪やインフルエンザが流行しやすいですが、ウィルスが蔓延している環境であっても、風邪やインフルエンザにかからない人がいます。同じ菌やウィルスが体内に入ってきても、病気になる人とならない人の差は、抵抗力が高いかどうかといった事に関係があります。

この抵抗力の事を免疫力と呼び、免疫力が高いほど、体に入ってきた菌やウィルスを駆除したり、対抗したりしてくれますので、病気にならなかったり、重い症状にならなかったりします。

では、病気に負けない強い体作りをするには、どのようにしていけば良いでしょうか。

最も手軽な方法としては、乳酸菌を体に取り入れて、免疫力を高めるという方法があります。

食べ物としては、ヨーグルトが適しており、現在では色々なヨーグルトが販売されていますので、ユーザーの好みに応じてフレーバーを選べます。また、プレーンなヨーグルトであれば、自分の好みでデザートを作る事が出来ますので、楽しみながらヨーグルトを食べる事が出来るでしょう。

乳酸菌には、様々な種類がありますが、特にピロリ菌の対抗に良いとされているのがLG21です。

このLG21は胃酸に強い乳酸菌ですので、体内に長く滞在する事が出来ます。

そして、LG21が発する乳酸は、ピロリ菌を除去するのに効果があるとされており、ピロリ菌による胃の病気の予防に繋がってきます。

心も大事にしましょう。

心の健康がからだの健康に繋がる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です