私たちの身体の約70%を占めるもの

タイトルを見てピンと来ない人は、それを意識した生活が送られていない可能性があります。
私たちの身体の約70%を占めるもの、それは水分です。

これだけ大部分を占める水分ですので、その重要性は特に夏場に『熱中症』というかたちで耳にすることが多いのではないでしょうか。
身体から約2%ほど水分が失われると喉がかわき、約4%ほどでめまいなどの症状がでると言われています。

私は水分補給を意識した健康法を取り入れているわけですが、熱中症予防からその健康法を始めたわけではありません。
この記事を見ている人の中にもいるのではないでしょうか、私のようにお酒の好きなお方は。
お酒を飲むと体の水分が普段以上に失われ、飲みすぎた次の日の朝には喉がガラガラということも。

水分補給を意識し始めてから、お酒を飲んだ次の日も比較的健康的に過ごせている気がします。
お酒のためだけでなく、健康面で風邪をひきにくくなったようにも思います。
なんでも、こまめに水分補給をすることが免疫力を向上するという話。
免疫力向上のために運動を始めたり、健康食品を試してみたりするよりずっと楽ですよ。
だって水をこまめに飲む、それだけですから。

もし風邪をひいてしまっても水分補給は大切で、私の場合、風邪のときには白湯を飲むようにしています。
何もしない時と比べると風邪が早く治っていると感じます。

なにより、私自身の70%ですから。大きいです。
これからも大切にして、健康のためにも意識していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です