一日一日何事も無く過ぎていく歓び

ラジオ体操

毎日、ベットから起き上がりラジオ体操をして、洗顔します。
そして珈琲をたてお気に入りのコーヒーカップで頂きます。もうここで至福の時間です。

朝の散歩に出かけます。家の近くに池と公園があります。池の周りを一回りします。すれ違う人に朝のご挨拶。おはようございます。本当に爽やかな気分です。そして公園に行きます。素敵なベンチが三個有ります。毎日違うベンチに座り一服です、ワンちゃんもお散歩しています。可愛いですね。それから立ち上がり家に向かいます。

朝食を取り、一日の始まりです。ほぼ変わらない毎日です。月曜と火曜日は半日お出掛けして健康教室です。お仲間と時間を共有して体を動かします。笑いぱっなしで顔の筋肉は緩みぱっなしです。人生後半ですが、仲間同士で体を動かし笑えると言う事はとても健康的で幸せです。これ程嬉しいことはありません。毎日何の変化も無い日々の繰り返しです。

それこそ平々凡々のくらしです。青い空に白い雲が流れていくような、公園に桜が咲きそして散っていく、池の水面をかもの親子が水浴びを、本当に当たり前の生活が毎日繰り返されています。私はごく自然にその中で暮らしています。幸せにとても健康的に昨日も今日もきっと明日もです。

心の健康がからだの健康に繋がる

みんな健康に関心があります

最近のテレビ番組で健康をとりあげているのは多いです。朝夕限らずレギュラーのものや3時間の特別番組というのもよくみられます。私の84歳の母も欠かさず見ております。ご高齢の方に限らず40代、50代の人々も多くの人が気をつけてみているようです。演出もありますがパネラーとして出演している芸能人も自分の結果データに非常に敏感です。昨今、健康ブームでマラソンランナーの増加、フィットネスクラブの繁栄などで感じますがこれには逆に外食産業、高カロリー、高甘味料のスナック菓子が多くの人の食生活に定着し、その結果メタボリックシンドロームなどの成人病予備軍があるのが原因と思います。昔は低所得の人は栄養価の高いものは食べれな語ったと思うのですが今は低所得の人の方が安いものをもとめて高カロリーで体に悪いものを食べておなかを膨らまし体を悪くし肥満になっているのが現状かと思います。健康志向は上記したように食生活の弊害が大きいですが、心の問題も次いで関係するかと思います。心療内科と標榜した医療機関は20年前はほとんどなかったと思うのですが今では非常に多く見られます。

いろいろな要因で精神的圧迫から高血圧、心臓、他の内臓に悪影響を与えていると思われます。食生活のアンバランスもストレスからくるものとしたらやはり健康に弊害を及ぼす大きな原因にはストレスが立ちはだかっていると思います。

CBD

ノンオイルと食生活を改善して健康な体をつくる

きちんとバランスを考えた食事をしているのに日々の肉体労働やデスクワークの疲れが取れないと悩んでいる方は多いのでないでしょうか。それはもしかしたら、日々の食生活に隠れているかもしれません。
炭水化物の食べ過ぎ、もしくは油物の過剰摂取から来ている可能性が高いです。炭水化物はエネルギーとして消費されるので運動や肉体労働の仕事をしている方には向いている食べ物ですが、デスクワークや日常生活で余り体を動かさない方は消費の量が少なく、それが蓄積して炭水化物による疲れを招いてしまうのです。しかし、美味しいからといってこの食生活を続けていると、炭水化物による疲れに加えて油物で胃や内臓に負担をかけて健康を害してしまいます。
では、どうやって食事のコントロールをすれば良いのか、というと、例えば朝はその日1日のエネルギー源になるので、ご飯、お味噌汁、鮭や玉子焼きなどのシンプルですが適度に栄養が摂れるものが良いでしょう。お昼ご飯は外食の方は油を使った物は避けて、サラダをたっぷり食べられるお店を選びましょう。このお昼ご飯が実はキモで、ここでかつ丼などの重い食事をしてしまうと午後からの仕事中に怠さを感じることがあります。実際に私もそうでした。お昼でノンオイルな食事に切り替え、夕ご飯は1日のご褒美と豪華な物ばかりにせず、煮魚やお浸し、湯豆腐などノンオイルを意識して下さい。どうしても油類を口に入れたい場合は、オリーブオイルを使って下さい。晩酌をしたい方は一気に飲めてしまうビールよりもゆっくりと飲めるワインや焼酎をオススメします。このように夜こそ油分を減らすことが肝心です。
私はこの食生活を続けたところ、1週間で体の怠さや疲れやすさが無くなりました。特別ジャンクフードばかり食べるような生活をしていないのに怠さや疲れやすいなどの悩みを抱えている方は食生活を見直してみて下さい。