心の健康がからだの健康に繋がる

健康とは、人が人生を自分らしく楽しむために、誰もが望むものではないでしょうか。健康は、大きく2つに分けられ、「心」と「からだ」の両方が健康であることが、本当の健康だと言えます。からだが健康な状態でも、心に傷をおったり、ストレスを抱えてしまうと、心が病気になり、それがからだへも悪影響を及ぼします。2つの健康状態を維持するために、それぞれのケアをしっかりすることが大切です。

まず、心の健康とは、心の充実度が大きく関係しています。心の充実度は、人それぞれ違いますが、その人の心が穏やかであったり、ワクワクした楽しい気持ちでいられることが大切です。気を付けなければいけないことは、ストレスをため込まないこと、自分を責めたり、悲観的な感情になりすぎないようにすことです。一人で抱え込まず、家族や友人、信頼できる人に悩みがあれば、相談してください。周りの大切な人が、その人の心を優しく包んでくれるでしょう。

そして、からだの健康とは、風邪を引かない元気なからだです。規則正しい生活はもちろん、運動をとりいれ、筋力が落ちないように自己管理することも大切です。

心とからだの両方とも、健康であり続けることができるように気を付けていきましょう。

個人的なおすすめはCBDオイルですね。

ランキングではあまり見かけませんが、2018年の大注目株ですよ!

 

美容師さんに「固いですね」と必ず言われていた私

今回は初めて体験した「中国式マッサージ」について書いてみたいと思います。
もともと肩こり持ちで、美容師さんに「固いですね」と必ず言われていた私ですが、ひどい凝りが何日も続き頭痛までしてきたのには困りました。
ちょうどフリーペーパーにのっていた中から「中国式マッサージ」を見つけたので、早速電話すると「今からでも大丈夫」とのことです。
ついていたクーポンを切り取り、向かいました。
ビルの2回のマッサージ店は、看板以外はBGMも装飾もなく、室内も白い壁に診察台のような白いベッドが置かれているだけ・・・出てきたマッサージ師も愛想のない片言の中国人で失敗なのか信頼できるのか、不安なまま症状を告げベッドにうつぶせになりました。
始まったマッサージが痛い痛い・・・。
「凝り過ぎだから」と言われても、大人なのに涙が出そうなくらいの痛さでした。
結局、クーポンの全身80分のコースをやってもらいましたが、終わった時にはスッキリというよりはボーっとした感じでした。
「1回ではダメ」と言われましたが、とりあえず次回は予約せずに帰宅、2・3日様子を見てみることにしました。
帰宅後も痛かったのですが、夕方になるとすっかり楽になり、心配したモミ返しもなく日常生活に戻れました。
ただ、皮膚表面をつねられたような鈍痛はしばらく残りましたので、やはり痛すぎるのではないかと思います。
また行くにしても、よほど我慢できないくらいでないと行く気になれないかもしれません。

関連記事:ハイドロキノンを処方されました

ハイドロキノンを処方されました

皮膚科で診察を受けてハイドロキノンを処方してもらい、
塗り続けて改善しました。

特にシミのために皮膚科に行った訳ではなく、
元々は脂漏性皮膚炎とニキビのために通院していたことがきっかけです。

皮膚炎もニキビも落ち着いては着ましたが、
ニキビ跡が少し黒ずんだように残ってしまいました。
時間が経てば目立たなくなるのかもしれませんが、
シミになりそうで気になっていました。
さらに肌も敏感になっており、
美白系の化粧品をあれこれつけることや、
日焼け止めをつけることも控えていたので先生に相談しました。

そこでハイドロキノンを処方されました。
健康保険の適用外ですが、その病院では800円くらいでした。
化粧品にも含まれる成分だそうです。
朝と夜、化粧水のあとに綿棒で軽くつけて、
乾いてから乳液をつけます。

化粧水から乳液の間が空くので、ちょっと肌がつっぱる感じはします。
あと、シミ以外の部分につくと、白くまだらになってしまうそうなので、
確実に、綿棒でシミだけにつけることが大変です。
が、私の場合は2~3ヶ月で確実に黒ずみは薄くなりました。

他の注意点としては、
ハイドロキノンは冷蔵庫保存で、
使用期限(2~3ヶ月、病院で容器に記入してくれていました)を
過ぎたものは絶対に使用しないこと。
また、ハイドロキノンをつけたあとは、あまり陽にあたらないこと、等ありました。
なので、通院のたびに、新しいものを処方してもらい、
もったいないですが古いものは破棄していました。
それと、紫外線の強い時期は、
夜だけつけるようにしていました。

皮膚科の受診に時間はかかりますが、
使用方法さえ守れば、効果も感じられるし、
高い化粧品を買うよりもお勧めです。

関連記事:いくらかは予防出来ます

いくらかは予防出来ます

女性にとっては、顔にシミがあると、化粧で誤魔化すのも難しいですし、目立つので嫌なものですね。
この顔のシミですが、ほとんどの場合には、紫外線を浴びることで出来てしまいます。
そのため、しっかりと日よけをしたいものですが、やはり、完全にシャットアウトは出来ませんので、どうしても、少しぐらいは紫外線を浴びてしまいます。
けれど、紫外線を浴びた際に、シミが出来ないように対策をすれば、いくらかは予防出来ますので、日頃から、こんな方法で、シミ対策をしてみませんか?

[ 1 ] ビタミンをきちんと取る!

顔のシミには、ビタミンが効果があるとも言われています。
そのため、化粧品などでも、ビタミンが配合してあるものなども販売していますので、シミを作らないためには、このようなビタミン配合の化粧品を使用するのもおすすめです。
また、ビタミンが豊富に含まれている緑茶、レモンなどの柑橘系などの食材を、普段から取るようにするのも良いでしょう。

[ 2 ] 身体の免疫力をアップさせる!

シミは身体の老化によっても起こりやすくなります。
普段からしっかりと睡眠を取らなかったり、食生活が乱れていた場合などは、シミも出来やすくなりますので、要注意です。
それに、午前2時までに熟睡出来れば、美容にも良い成長ホルモンが分泌されるとも言われていますので、出来るだけ早いうちに寝る習慣をつけましょう。
それ以外にも、食事では、コレステロールや糖分ばかり摂取すると、身体の血流が悪くなり、シミやしわの原因にもなります。
美容のためには、野菜などもバランス良く取るようにしましょう。

また、シミ対策には、ビタミンの他にも、Lシステインも効果があると言われています。
Lシステインには、シミの原因であるメラニンが肌に定着するのを防止する働きがあります。
そのため、サプリメントなどで飲むのも良いかと思います。

関連記事:シミは体質もありますが、生活習慣で出来やすい方も

シミは体質もありますが、生活習慣で出来やすい方も

シミ様

日焼けや加齢、生活習慣などで歳と共にシミが増えている方も多いと思います。
日焼け止めも洗顔にも十分気を付けているのになぜか、増える。そこには「習慣」や「やっているつもり」の過信が原因の場合もあります。
シミは体質もありますが、生活習慣で出来やすい方もいらっしゃいます。

「洗顔」をちゃんとしている方でも ご自身の洗顔方法や癖がシミを治りにくくしているケースも考えられます。
洗顔料も「高級なモノ」や「毎日やってるハズ」の過信を見直してみましょう。気に部分をこすり過ぎて洗顔料の効果が半減、こすり過ぎて色素沈着を促進していたり…。

おススメなのは「洗顔ブラシ」です。手だけでは落とせないメイクや表皮に着いた角質、毛穴の汚れをソニック振動や音波振動で掻き出してくれます。手で必死に洗顔するよりも時間も短縮出来るんです。また、防水機能が付いているものならばお風呂で使えるので、首~デコルテまでしっかり洗い落とせて気持ちがイイですよ。しかし洗顔ブラシだけに頼るのではなく、手で泡洗顔も一日おき位で併用して下さい。(洗顔ブラシを使い過ぎるとお肌に負担をかける事もあります。)
日々、お肌の調子に合わせて洗顔方法を変えていく事で「癖」や「やってるつもり」から解放され、お肌と上手に付き合う事が出来ます、そして何より洗顔が楽しくなってきます。

シミは表皮の頑固な角質を落とし続けていく事で薄くなっていきます、洗顔ブラシでお肌をリセットしてあげると「美白ケア・美容液」の浸透率もグッとよくなり、シミの根っこに届き効果が発揮されるかもしれません。
電気量販店に行くと驚くほど多種多様な機能の付いた「洗顔機器」がありますので、その他のオプション等楽しんで選ばれる事で、ご自身の今後の「美容・美白」が変わっていきます。

一日一日何事も無く過ぎていく歓び

ラジオ体操

毎日、ベットから起き上がりラジオ体操をして、洗顔します。
そして珈琲をたてお気に入りのコーヒーカップで頂きます。もうここで至福の時間です。

朝の散歩に出かけます。家の近くに池と公園があります。池の周りを一回りします。すれ違う人に朝のご挨拶。おはようございます。本当に爽やかな気分です。そして公園に行きます。素敵なベンチが三個有ります。毎日違うベンチに座り一服です、ワンちゃんもお散歩しています。可愛いですね。それから立ち上がり家に向かいます。

朝食を取り、一日の始まりです。ほぼ変わらない毎日です。月曜と火曜日は半日お出掛けして健康教室です。お仲間と時間を共有して体を動かします。笑いぱっなしで顔の筋肉は緩みぱっなしです。人生後半ですが、仲間同士で体を動かし笑えると言う事はとても健康的で幸せです。これ程嬉しいことはありません。毎日何の変化も無い日々の繰り返しです。

それこそ平々凡々のくらしです。青い空に白い雲が流れていくような、公園に桜が咲きそして散っていく、池の水面をかもの親子が水浴びを、本当に当たり前の生活が毎日繰り返されています。私はごく自然にその中で暮らしています。幸せにとても健康的に昨日も今日もきっと明日もです。

心の健康がからだの健康に繋がる

みんな健康に関心があります

最近のテレビ番組で健康をとりあげているのは多いです。朝夕限らずレギュラーのものや3時間の特別番組というのもよくみられます。私の84歳の母も欠かさず見ております。ご高齢の方に限らず40代、50代の人々も多くの人が気をつけてみているようです。演出もありますがパネラーとして出演している芸能人も自分の結果データに非常に敏感です。昨今、健康ブームでマラソンランナーの増加、フィットネスクラブの繁栄などで感じますがこれには逆に外食産業、高カロリー、高甘味料のスナック菓子が多くの人の食生活に定着し、その結果メタボリックシンドロームなどの成人病予備軍があるのが原因と思います。昔は低所得の人は栄養価の高いものは食べれな語ったと思うのですが今は低所得の人の方が安いものをもとめて高カロリーで体に悪いものを食べておなかを膨らまし体を悪くし肥満になっているのが現状かと思います。健康志向は上記したように食生活の弊害が大きいですが、心の問題も次いで関係するかと思います。心療内科と標榜した医療機関は20年前はほとんどなかったと思うのですが今では非常に多く見られます。

いろいろな要因で精神的圧迫から高血圧、心臓、他の内臓に悪影響を与えていると思われます。食生活のアンバランスもストレスからくるものとしたらやはり健康に弊害を及ぼす大きな原因にはストレスが立ちはだかっていると思います。

CBD

ノンオイルと食生活を改善して健康な体をつくる

きちんとバランスを考えた食事をしているのに日々の肉体労働やデスクワークの疲れが取れないと悩んでいる方は多いのでないでしょうか。それはもしかしたら、日々の食生活に隠れているかもしれません。
炭水化物の食べ過ぎ、もしくは油物の過剰摂取から来ている可能性が高いです。炭水化物はエネルギーとして消費されるので運動や肉体労働の仕事をしている方には向いている食べ物ですが、デスクワークや日常生活で余り体を動かさない方は消費の量が少なく、それが蓄積して炭水化物による疲れを招いてしまうのです。しかし、美味しいからといってこの食生活を続けていると、炭水化物による疲れに加えて油物で胃や内臓に負担をかけて健康を害してしまいます。
では、どうやって食事のコントロールをすれば良いのか、というと、例えば朝はその日1日のエネルギー源になるので、ご飯、お味噌汁、鮭や玉子焼きなどのシンプルですが適度に栄養が摂れるものが良いでしょう。お昼ご飯は外食の方は油を使った物は避けて、サラダをたっぷり食べられるお店を選びましょう。このお昼ご飯が実はキモで、ここでかつ丼などの重い食事をしてしまうと午後からの仕事中に怠さを感じることがあります。実際に私もそうでした。お昼でノンオイルな食事に切り替え、夕ご飯は1日のご褒美と豪華な物ばかりにせず、煮魚やお浸し、湯豆腐などノンオイルを意識して下さい。どうしても油類を口に入れたい場合は、オリーブオイルを使って下さい。晩酌をしたい方は一気に飲めてしまうビールよりもゆっくりと飲めるワインや焼酎をオススメします。このように夜こそ油分を減らすことが肝心です。
私はこの食生活を続けたところ、1週間で体の怠さや疲れやすさが無くなりました。特別ジャンクフードばかり食べるような生活をしていないのに怠さや疲れやすいなどの悩みを抱えている方は食生活を見直してみて下さい。

早寝・早起き・朝掃除、1日3食と簡単な体操。シンプルで気持ちいい生活が健康の秘訣です!

morning eye

一つ一つは簡単なことですが、健康は、シンプルな生活を気持ちよく続けていくことではないでしょうか。

朝早く起きれば、夜も早く寝つきます。夜遅くまでダラダラとネットをしながらお菓子やラーメンを食べる生活から解放されました。
目覚めたら一番に換気をして、朝日を浴びます。洗面台や鏡などを簡単に掃除して、朝食は主食プラス野菜や果物、ヨーグルトなどで栄養を補います。
朝・昼をしっかり食べるので、夜は消化の良いあっさりしたものを早い時間に摂ります。
また、日中に軽い運動を心がけています。バスの代わりに、自転車や徒歩での移動、帰宅後にラジオ体操や簡単な筋トレをします。
休日はウォーキングも良いですね。

たったこれだけのことですが、自律神経が整うと、選ぶものも変わってきます。
味の濃いものから薄いものへ、ダラけた休日から活動的な休日へ、スマホやオンラインゲーム漬けの夜から、ゆったりと湯船につかり、ヨガで身体を伸ばすリラックスタイムへ。
少しずつ、身体が「本当に欲しがっているもの、本当に必要としているもの」を自ら選ぶようになるのです。

一番難しいのは、周りとの兼ね合いですね。
早寝早起きと言っても、残業が終わらず、今日も終電まで仕事。ランチミーティングや夜の接待で高カロリーの食事。
自分1人だけが健康志向と言いづらいのが一番の障壁ではないでしょうか。
その場合、今の自分にできそうなことだけ、たった1つでもいいので、続けてみて下さい。
おすすめは目覚めの朝日と換気です。これだけなら、絶対に誰にでもできます。
それが定着してきた頃に、また何か1つ増やします。週に1回でもいいから、ラジオ体操をしてみるとか、休みの日だけはゆったり入浴するなど。
自律神経が整うと、選ぶものも状況も少しずつ変わってきますから、気長にチャレンジしてみてください!

「筋力トレーニング」を、続けています。

Muscled Man

健康診断で、引っかかり、医者に「運動するように!」と言われました。運動は嫌いです。早めのリタイアをしてから、のんびりと暮らしていたら、いつの間にか体重が増え、「メタボ検診」に、引っかかるようになっていました。
気がつくと、腹に脂肪がたまり、つかめる!ようになっていました。これではいけない!働いていた時のスカートが入らなくなっていました・・
このままでは体によくない。最近、階段を上がるのが、つらくなっていましたし、すぐにバスに乗るようになっていました。このままでは歩けなくなってしまう・・と、思いました。

近所に女性専用の「筋力トレーニング」のジムがありましたので、通い始めました。そんなにつらくないトレーニングです。
半年ほどで、ウエストが9cmも細くなり、健康診断に引っかからなくなりました。ヤッタネ!と、とてもうれしくなりました。
足に筋肉がついたのですね。駅の階段もさっさと上がれるようになりました。バス停もいくつかなら歩くようになりました。
働いていた時のスカートが、はけるようになりました。ただし、まだきついので、もう少し・・いや、ずっと頑張って続けていこうと思っています。
今にぴちぴちのジーンズをすっきりとはきこなして、出かけるのが夢です。

40代、心も体も健康でいるために

40代、まだまだ気持ちは若いですが、体はもう老化へと向かっていきます。
風邪を引いても以前のようにすぐには治らなくなったり、こじらせて長い間寝込んだり。
健康診断で、コレステロールや尿酸値が高いなど指摘されてくるのもこの年代からです。
とはいえ、まだまだ子育てがあり、親の介護も始まるなど、やるべきことがたくさん出てきます。
自分が体を壊している場合ではありませんね。
40代こそがこれから健康でいられるかどうかの分かれ目なのです。
毎日適度に体を動かしているでしょうか。
エレベーターではなく階段を使う、一駅歩く、家事でこまめに体を動かすなど日々の小さなことでも積もり積もって体力になります。
その他にも、テレビを見ながらストレッチをしたり、ヨガをしたりと体のしなやかさを保ちましょう。
これは肩凝りや腰痛にも効果があります。
さらにメンタルヘルスも気を配りましょう。
仕事の人間関係などでずっと大きなストレスがかかった状態だったり、心を病むとだんだん体も病んでいく原因になります。
そのため上手にストレスを解消することも大切です。
自分なりにこれがストレス解消になるということをいくつかノートに書いておくとよいでしょう。
いくつになっても心も体も健康でいられるように、今日から始めてみませんか。